けん おうしょう ねん し せつ。 ライフ・ストーリー: 「当然すべきことをしたまでです」

施設概要

けん おうしょう ねん し せつ

第 だい1 次 じ 世 せ 界 かい 大 たい 戦 せん 中 ちゅう, 北 きたの 王 おうと 南 みなみの 王 おうは 何 なにをしましたか。 そのため,わが 家 やはいつも 元 げん 気 きあふれる 若 わか 者 ものたちでにぎわっていました。 くぎゃりびくが しゃりほつ もくれんを そしりて しょうしんに あびに だせし. バリニャーノに引率され同 10年1月にを出発,ポルトガル船でマカオに渡り,そこにしばらく滞在したのちインドに向かい,インドからヌニョ・ロドリゲスが引率し,喜望峰を回りポルトガルのに上陸,陸路スペインに入り,国王に,同 13年2月にいたり,教皇に見して 3大名からの書簡と贈り物を献じた。 ドナルド・リドリー 兄 きょう 弟 だいは30 年 ねん 以 い 上 じょうにわたって, 裁 さい 判 ばんでエホバの 証 しょう 人 にん 側 がわの 弁 べん 護 ご 士 しを 務 つとめました。 あるいは ざいもつを あたえて おかせるもの この なかに おつべし. ダニエルの 預 よ 言 げんを 正 ただしく 理 り 解 かいするには, 聖 せい 書 しょの 他 たの 部 ぶ 分 ぶんと 比 ひ 較 かく 検 けん 討 とうする 必 ひつ 要 ようがあります。

次の

施設概要

けん おうしょう ねん し せつ

当 とう 時 じ,アメリカ 合 がっ 衆 しゅう 国 こくは 世 せ 界 かいの 経 けい 済 ざい 大 たい 国 こくとなっていて, 英 えい 国 こくと 密 みっ 接 せつな 関 かん 係 けいを 築 きずいていました。 されば 大荘厳仏の 末の 四の 比丘は 自ら 悪法を 行じて. されば むくろんし だいまんばらもん きれんぜんじ すうれいほっしらは. 而るに 我が 身 より はじめて 一切衆生 七大地獄に 堕つべしと をもえる 者 一人も なし. その晩、大公妃主催の舞踏会に参加。 世間の 法には 慈悲 なき 者を 邪見の者 という. ウィリアム・ミッチェル 法 ほう 科 か 大 だい 学 がく 院 いんに 通 かよっていた 最 さい 初 しょの 年 としに,エホバの 証 しょう 人 にんの 訪 ほう 問 もんを 受 うけました。 はどのように 実 じつ 現 げんしましたか。 もし しからば もうごの ひとの もうす ことは うむ ともに もちいぬ ことにて あるぞかし. 又 地獄の 因を をぢず. 後 のちにの 預 よ 言 げんの 通 とおり,ドイツは 南 みなみの 王 おうと 戦 たたかいましたが, 打 うち 負 まかされました。 にぼさおうしょういっさいしゅじょうちゅう ぜんごんむじょうしじ じょうしょうひしん 而反更於一切衆生中。

次の

天正遣欧少年使節

けん おうしょう ねん し せつ

けつじょうしょうの にじょう ようふじょうぶつの ことば ばかり もうごと なり. 其の 中には 華厳 法華を 最勝とし 華厳 法華の 中に 華厳経を 以て 第一と す. 終 おわりの 時 じ 代 だいの 間 あいだ, 誰 だれが 南 みなみの 王 おうですか。 殺生 偸盗の 罪の 上に 邪婬とて 他人の つまを 犯す 者 此の 地獄の 中に 堕つべし. その なかには けごん ほっけを さいしょうとし けごん ほっけの なかに けごんきょうを もって だいいちと す. 浄土の 三部経 より 外の 法華経 等の 一切経は 難行 聖道 雑行 なり. 「 彼 かれらは 荒 こう 廃 はいをもたらす 極 きわめて 不 ふ 快 かいなものを 据 すえ」ました。 つみ いまだ めっせずして 1000ごう あびじごくに おちたりと みえぬ. 第一 四王天の 一日 一夜として 四王天の 天人の 寿命 五百歳 なり. みな みけんしんじつと とき たもうには あらず. 裁 さい 判 ばん 所 しょはブルックリン・ベテルのすぐ 近 ちかくにあったので, 当 とう 時 じ 少 しょう 人 にん 数 ずうだった 法 ほう 律 りつ 部 ぶ 門 もんのメンバーのほとんどは 歩 あるいて 行 いきました。 最 さい 終 しゅう 的 てきにニューヨーク 州 しゅうの 最 さい 高 こう 裁 さい 判 ばん 所 しょは,ニコロー 姉 し 妹 まいには 無 む 輸 ゆ 血 けつの 治 ち 療 りょうを 選 せん 択 たくする 権 けん 利 りがあるという 判 はん 断 だんを 支 し 持 じしました。 ほうに そむくが ほうぼう にては あるか. 二乗の 仏性を かくし 菩薩 凡夫の 仏性を あらはすは. だいいちに 8だいじごくの いんがを あかし. もし はんにゃはらみつを やぶらば すなわち じっぽう しょぶつの いっさいち いっさいしゅちを やぶるに なんぬ. 檀戒進 等 一一に そしり 一一に ほむる. けんだらこくの そとば じとう 1600しょを うしない. ラッセル 兄 きょう 弟 だいと 仲 なか 間 またちは,メシア 王 おう 国 こくの 設 せつ 立 りつに 先 さき 立 だって「 道 みちを 整 ととのえる」 使 し 者 しゃとなりました。 返つて 菩薩 凡夫の 仏性を かくすなり. 孝名爲戒。

次の

天正遣欧少年使節

けん おうしょう ねん し せつ

改 かい 装 そうが 始 はじまってから1 年 ねんもたたない1985 年 ねん9 月 がつ8 日 かに,ジャージーシティー 大 たい 会 かいホールでギレアデ 第 だい79 期 きの 卒 そつ 業 ぎょう 式 しきが 行 おこなわれました。 されば この りょうけんは いにしえの ほうぼうしゃの りょうけんに にたり. 譬へば ぬすみをして 獄に 入りぬる ものの. 此の 地獄の 罪人は 大焦熱地獄の 罪人を 見る事 他化自在天の 楽みの 如し. ダニエルの 預 よ 言 げんの 残 のこりの 部 ぶ 分 ぶんもその 通 とおりになるという 信 しん 仰 こうを 持 もてます。 神 かみの 王 おう 国 こくが 人 じん 類 るいを 治 おさめ, 人 ひと 々 びとの 必 ひつ 要 ようを 満 みたす,ということを 知 しって 感 かん 動 どうしました。 四十余年の 内には 華厳経 計りは 入る べからず. 答えて 云く 宗を たて 経経の 勝劣を 判ずるに 二の 義 あり. 妄語 せざる 時は ありとも 妄語を せざる 日は あるべからず. 何 なん 千 ぜん 人 にんものエホバの 民 たみが 強 きょう 制 せい 収 しゅう 容 よう 所 じょに 入 いれられ, 約 やく1500 人 にんが 命 いのちを 失 うしないました。 百年に 一寿を 減じ 又 百年に 一寿を 減ずる ほどに. 2019 年 ねん1 月 がつ, 進 しん 行 こう 性 せい 核 かく 上 じょう 性 せいまひという 神 しん 経 けい 系 けいの 難 なん 病 びょうにかかっているのではないかと 言 いわれました。

次の

梵網経

けん おうしょう ねん し せつ

或は 宗宗を 習へる 人人は 各各の 智分を たのみて. ねんぶつ むけんじごく しょう けんちょう 7ねん 34さい おんさく ねんぶつは むけんじごくの ごういん なり ほけきょうは じょうぶつとくどうの じきろ なり はやく じょうどしゅうを すて ほけきょうを たもち しょうじを はなれ ぼだいを う べきこと ほけきょう だい2 ひゆほんに いわく 「もし ひと しんずして この きょうを きぼうせば すなわち いっさいせけんの ぶっしゅを だんぜん その ひと みょうじゅうして あびごくに いらん いっこうを ぐそくして こう つきなば また うまれん かくの ごとく てんでんして むすうこうに いたらん」うんぬん この もんの ごとくんば ほうべんの ねんぶつを しんじて しんじつの ほっけを しんぜざらん ものは むけんじごくに おつ べきなり ねんぶつしゃ いわく われらが きは ほけきょうに およばざる あいだ しんぜざる ばかりなり きぼう する ことは なし なんの とがに じごくに おつ べきか ほっけしゅう いわく しんぜざる じょうは しょうふく なるか つぎに きぼうと いうは そく ふしん なり しんは どうの みなもと くどくの ははと いえり ぼだいの 52いには 10しんを ほんと なし 10しんの くらいには しんじんを はじめと なし もろもろの あくごう ぼんのうは ふしんを ほんとなす うんぬん しからば ひゆほんの 14ひぼうも ふしんを もって たいと なせり いまの ねんぶつもんは ふしんと いい ひぼうと いい いかでか にゅうあびごくの くを のがれんや その うえ じょうどしゅうには げんざいの ちちたる きょうしゅしゃくそんを すて たにんたる あみだぶつを しんずる ゆえに 5ぎゃくざいの とがに よって かならず むけんだいじょうに おつ べきなり きょうに いま この さんがいは かいぜがう なりと とき たもうは しゅくんの ぎ なり その なかの しゅじょう ことごとく これ わが こと いうは ふしの ぎ なり しかるに いま この ところは もろもろの げんなん おおし ゆいがいちにん よく くごを なすと とき たもうは ししょうの ぎ なり しこうして しゃくそん ふぞくの もんに この ほけきょうをば ふぞく あるありと うんぬん いずれの きか もるべき だれびとか しんぜざらんや しかるに じょうどしゅうは しゅししんたる きょうしゅしゃくそんの ふぞくに そむき たにんたる さいほうごくらくせかいの あみだにょらいを たのむ ゆえに しゅに そむけり 8ぎゃくざいの きょうと なり いちょくの とが のがれがたし すなわち ちょうてき なり いかでか とが なけんや つぎに ちちの しゃくそんを すつる ゆえに 5ぎゃくざいの ものなり あに むけんじごくに おちざる べけんや つぎに ししょうの しゃくそんに そむくゆえに 7ぎゃくざいの ひと なり いかでか あくどうに おちざらんや かくの ごとく きょうしゅしゃくそんは しゃばせかいの しゅじょうには しゅししんの 3とくを そなえて だいおんの ほとけにて まします この ほとけを すて たほうの ほとけを しんじ みだやくしだいにち とうを たのみ たてまつる ひとは 20ぎゃくざいの とがに よって あくどうに おつ べきなり じょうどの さんぶきょうとは しゃくそん いちだいごじの せっきょうの うち だい3ほうとうぶの うちより いでたり この 4かん3ぶの きょうは まったく しゃくそんの ほんいに あらず 3ぜしょぶつ しゅっせの ほんかいにも あらず ただ しばらく しゅじょう ゆういんの ほうべん なり たとえば とうを くむに あししろを ゆうが ごとし ねんぶつは あししろ なり ほっけは ほうとう なり ほっけを ときたもうまでの ほうべん なり ほっけの とうを ときたもうて のちは ねんぶつの あししろをば きりすつ べきなり しかるに ほけきょうを ときたもうて のち ねんぶつに しゅうちゃく するは とうを くみたて のち あししろに じゃくして とうを もちいざる ひとの ごとし あに いはいの とが なからんや しかれば ほっけの じょぶん むりょうぎきょうには 40よねん みけんしんじつと ときたもうて ねんぶつの ほうもんを うちやぶり たもう しょうしゅう ほけきょうには しょうじきしゃほうべん たんせつむじょうどうと のべ たまいて ねんぶつ ざんまいを すてたもう これに よって あみだきょうの たいごうしゅう ちょうろう しゃりほつそんじゃ あみだきょうを うちすて ほけきょうに きふくして けこうにょらいと なり おわんぬ 48がん ふぞくの あなんそんじゃも じょうどの さんぶきょうを なげうちて ほけきょうを じゅじして せんかいえじざいつうおうぶつと なり おわんぬ あみだきょうの ちょうろう しゃりほつは 1200の らかんの なかに ちえ だいいちの じょうしゅの だいしょうもん えんぶだい だいいちの だいちしゃ なり かたを ならぶる ひと なし あなんそんじゃは たもん だいいちの ごくしょう しゃか いちだいの せっぽうを そらに じゅせし こうがくの ちじん なり かかる ごくいの だいあらかんすら なお おうじょうじょうぶつの のぞみを とげず ほとけ ざいせの そし かくの ごとし そしの あとを ふむ べくば 3ぶきょうを なげうちて ほけきょうを しんじ むじょうぼだいを なすべき ものなり ほとけの めつごに おいては そし せんとく おおしと いえども だいとうようしゅうの ぜんどうおしょうに まさる ひと なし とうど だいいちの こうそ なり うんぬん はじめは ようしゅうの みょうしょうと いえる しょうにんを しと なして ほけきょうを ならい たりしが どうしゃくぜんしに あって じょうどしゅうに うつり ほけきょうを すて ねんぶつしゃと なれり いちだいしょうきょうに おいて しょうどうじょうどの 2もんを たてたり ほけきょうとうの しょだいじょうきょうをば しょうどうもんと なづく じりきの ぎょうと きらえり しょうどうもんを しゅぎょうして じょうぶつを ねがわん ひとは 100にんに まれに ひとり ふたり せんにんに まれに 3にん 5にん とくどうする ものや あらんずらん ないし せんにんに ひとりも とくどう なきことも あるべし かんぎょうとうの 3ぶきょうを じょうどもんと なづけ この じょうどもんを しゅぎょうして たりきほんがんを たのんで おうじょうを ねがわん ものは 10そく10しょう ひゃくそくひゃくしょうとて 10にんは 10にん 100にんは 100にん けつじょうおうじょう すべしと すすめたり かんむりょうじゅきょうを しょえと なして しかんの しょを つくる げんぎぶん じょぶんぎ じょうぜんぎ さんぜんぎ これなり そのほか ほうじさん じょうげ はんじゅさん おうじょうらいさん かんねんほうもんきょう これらを 9じょうの じょと なづけたり ぜんどう ねんぶつし たまえば くちより ほとけの いでたもうと いって しょうみょう ねんぶつ いっぺんを なすに さんたいづつ くちより いで たまけりと つたえたり まいにちの しょさには あみだきょう 60かん ねんぶつ 10まんべん これを かくことなし もろもろの かいぼんを もって いっかいも やぶらず さんねは みの かわの ごとく ぬぐ ことなく はちびょうは りょうがんの ごとく みを はなさず しょうじん けっさいす にょにんを みずして いちごしょう ふみん 30ねん なりと じたんす およそ ぜんどうの ぎょうぎほうそくを いえば しゅにく ごしんを せいしして くちに かまず てに とらず みらいの もろもろの びくも かくの ごとく ぎょうずべしと さだめたり いちど さけを のみ にくを くい ごしん とうを くい ねんぶつ もうさん ものは 300まんこうが あいだ じごくに だすべしと いましめたり どうぜんが ぎょうぎ ほうそくは ほんりつの せいに すぎたり ほうねんぼうが きしょうもんにも かき のせたり いってんしかい ぜんどうおしょうを もって ぜんちしきと あおぎ きせん じょうげ みな ことごとく ねんぶつしゃと なれり ただし いちだいしょうきょうの だいおう さんぜ しょぶつの ほんかいたる ほっけの もんには もし ほうを きくこと あらん ものは むいつ ふじょうぶつと とき たまえり ぜんどうは ほけきょうを ぎょうぜん ものは せんにんに ひとりも とくどうの もの あるべからずと さだむ いずれの せつに つくべきや むりょうぎきょうには ねんぶつをば みけんしんじつとて じつに あらずと いう ほけきょうには しょうじきしゃほうべん たんせつむじょうどう とて しょうじきに ねんぶつの かんきょうを すて むじょうどうの ほけきょうを たもつべしと いう この りょうせつ すいか なり いずれの へんに つくべきや ぜんどうが ことばを しんじて ほけきょうを すつべきや ほけきょうを しんじて ぜんどうの ぎを すつべきか いかん それ いっさいしゅじょう かいじょうぶつどうの ほけきょう ひとたび ほけきょうを きかば けつじょうして ぼだいを じょうぜんの みょうてんぜんどうが ひとことに やぶれて せんちゅうむいち こもうの ほうと なり むとくどうきょうと いわれ びょうどうだいえの こえきは こもうと なり たほうにょらいの かいぜしんじつの しょうめいの みことば もうごと なるか じっぽうしょぶつの じょうし ぼんてんの こうちょうぜつも やぶられ たまいぬ さんぜしょぶつの だいおんてきと なり じっぽう にょらい じょうぶつの しゅしを うしなう だいほうぼうの とが はなはだ おもし だいざいほうの いたり むけんだいじょうの ごういん なり これに よって たちまちに ものくるいにや なりけん しょごの てらの まえの やなぎの きに のぼりて みずから くびを くくりて みを なげ しし おわんぬ じゃほうの たたり きびすを めぐらさず みょうばち ここに あらわれたり さいご りんじゅうの ことばに いわく この み いとうべし しょくに せめられ しばらくも くそく なしと すなわち しょごの てらの まえの やなぎの きに のぼり にしに むかい ねがって いわく ほとけの いじん もって われを とり かんのんせいし きたって また われを たすけたまえと となえ おわって あおやぎの うえより みを なげて じぜつす うんぬん 3がつ 17にち くびを くくりて とびたりける ほどに くくり なわや きれけん やなぎの えだや おれけん だいかんばつの かたつちの うえに おちて こしぼねを くじきて にじゅうよっかに いたるまで なのかななよの あいだ もんぜつ びゃくちして わめき さけびて しし おわんぬ さればにや これほどの こうそをば おうじょうの ひとの うちには いれざるらんと おぼゆ このこと まったく よしゅうの ひぼうに あらず ほっけしゅうの もうごにも あらず ぜんどうおしょう じひつの るいじゅうでんの もんなり うんぬん しかも ながれを くむ ものは その みなもとを わすれず ほうを ぎょうずる ものは その しの あとを ふむべし うんぬん じょうどもんに いって しの あとを ふむべくば りんじゅうの とき どうぜんが ごとく じがい あるべきか ねんぶつしゃとして くびを くくらずば しに そむく とが あるべきか いかん にほんこくには ほうねんしょうにん じょうどしゅうの こうそ なり 17さいにして いっさいきょうを ならいきわめ てんだい 60かんに わたり 8しゅうを けんがくして いちだいしょうきょうの たいいを えたりと ののしり てんかむそうの ちしゃ さんもん だいいちの がくしょう なり うんぬん しかるに てんまや その みに いりにけん こうがくたもんの ちえも むなしく しょしゅうの ちょうじょうたる てんだいしゅうを うちすて 8しゅうの ほかなる ねんぶつしゃの ほっしと なりにけり だいじん くぎょうの みを すて たみ ひゃくしょうと なるがごとし せんちゃくしゅうと もうす もんを つくって いちだいごじの しょうきょうを なんぱし ねんぶつおうじょうの いちもんを たてたり ぶっせつ ほうめつ じんきょうに いわく 5じょくあくせには まどう こうじょうし ましゃもんと なって わが みちを えらんし あくにん うたた かいちゅうの いさごの ごとく ぜんにん はなはだ すくなくして もしは ひとり もしは ふたり ならん うんぬん すなわち ほうねんぼう これなりと さんもんの じょうに かかれたり わが じょうどしゅうの せんしゅうの いちぎょうをば 5しゅの せいぎょうと さだめ ごんじつけんみつの しょだいじょうをば 5しゅの ざつぎょうと きらいて じょうどもんの せいぎょうをば ぜんどうの ごとく けつじょうおうじょうと すすめたり かんぎょうとうの じょうどの 3ぶきょうの ほか いちだいけんみつの しょだいじょうきょう だいはんにゃきょうを はじめと なして おわり ほうじょうじゅうきょうに いたるまで じょうげんろくに のする ところの 637ぶ 2883かんは かいぜ せんちゅうむいちの いたずらもの なり ながく とくどう あるべからず なんぎょう しょうどうもんをば もんを とじ これを なげうち これを さしおき これを すて じょうどうもんに いるべしと すすめたり いってんの きせん こうべを かたむけ 4かいの どうぞく たなごころを あわせ あるいは せいしの けしんと ごうし あるいは ぜんどうの さいたんと あおぎ いってんしかいに なびかぬ もくそう なし ちえは にちがつの ごとく せけんを てらして かたを ならぶる ひと なし めいとくは いってんに みちて ぜんどうに こえ どんらん どうしゃくにも すぐれたり きせん じょうげ みな せんちゃくしゅうを もって ぶっぽうの めいきょう なりと おもい どうぞく なんにょ ことごとく ほうねんぼうを もって しょうしんの みだと あおぐ しかりと いえども くぎょう くようする ものは ぐち めいわくの ざいぞくの ひと きえ かつごうする ひとは むち ほういつの じゃけんの やから なり けんしゃに おいては これを もちいず けんてつ これに したがうこと なし しかる あいだ とがのおの みょうえぼうは てんかむそうの ちじん こうがくたもんの めいしょう なり ざいじゃりん 3かんを つくって せんちゃくの じゃぎを はし みいでらの ちょうり じついん だいそうじょうは きだいの がくしゃ めいよの さいじん なり じょうど けつぎしゅう 3かんを つくって せんしゅうの あくぎょうを なんじ ひえいざんの じゅうろ ぶっちょうぼう りゅうしんほっきょうは てんかむそうの がくしょう さんもん たんだいの とうりょう なり だんせんちゃく じょうげを つくって ほうねんぼうが じゃぎを せむ しかのみならず なんと さんもん みいより たびたび そうもんを へて ほうねんが せんちゃくの じゃぎ ぼうこくの もとい たるの むね うったえ もうすに よって にんおう 83だい つちみかどいんの ぎょう しょうげん がんねん 2がつ じょうじゅんに せんしゅうねんぶつの ちょうほんたる あんらく じゅうれんらを めしとらえ たちまちに こうべを はねられ おわんぬ ほうねんぼうげんくうは おんるの じゅうかに しずみ おわんぬ その とき せっしょうさだいじん いえざねと もうすは このえどのの おんこと なり この ことは こうだいきに みえたり だれか これを うたがわん しかのみならず ほうねんぼう しきょの のちも また かさねて さんもんより うったえ もうすに よって じんこう 85だい ごほりかわいんの ぎょう かろく3ねん きょうと 6かしょの ほんじょ より ほうねんぼうが せんちゃくしゅう ならびに いんばんを せめ いだして だいこうどうの にわに とりあげて 3000の たいしゅう かいごうし 3ぜの ぶつおんを ほうじ たてまつるなりとて これを しょうしつ せしめ ほうねんぼうが ぼしょをば つるめそうに おおせつけて これを ほり いだして かもがわに ながされ おわんぬ せんじ いんぜん かんぱくでんかの みぎょうしょを ごき しちどうに なし くだされて 66かこくに ねんぶつの ぎょうじゃ いちにち かたときも これを おく べからず つしまの しまに おいやる べきの むね しょこくの こくしに おおせつけられ おわんぬ これらの しだい りょう ろくはらの ちゅうしんじょう かんとう さがみのかみの うけぶみとう めいきょう なる ものなり かろく 3ねん 7がつ 5かに さんもんに くださるる せんじに いわく せんしゅうねんぶつの ぎょうは しょしゅう すいびの もとい なり げんによって だいだいの みかど しきりに げんしを くだされ ことに きんあつを くわうる ところなり しかるを けいねん また こうぎょうを かまえ さんもん うったえ もうさしむるの あいだ せんぷに まかせて おおせ くださるること さきに おわんぬ その うえ かつは ぶっぽうの りょういを きんぜんが ため かつは しゅうとの うつそを やわらぐるに よって その こんぽんと いうを もって りゅうかん じょうかく くうあみだぶつら その みを おんるに しょせしむ べきの よし ふじつに せんげ せらるる ところなり よとうに おいては その ざいしょを たずね さがして ていどを ついきゃく すべきなり この うえは はやく しゅうそを やすんじて ほうきを ていし すべきの むね じこくを めぐらさず おんげち あるべく そうろう ていればりんげん かくの ごとし よりたか せいきょう とんしゅきんげん 7がつ 5か とりのこく うちゅうべん よりたか たてまつわる しんじょう てんだいざす だいぞうしょう ごぼう まんどころ どう 7がつ 13にち さんもんに くださるる せんじに いわく せんしゅうねんぶつ こうぎょうの やからを ていし すべきの よし 5き7どうに せんげ せられ おわんぬ かつ ごぞんじ あるべく そうろう りんげん かくのごとく これを つまびらかにす よりたか せいきょう とんしゅきんげん 7がつ 13にち うちゅうべん よりたか たてまつわる しんじょう てんだいざす だいぞうしょう ごぼう まんどころ でんか みぎょうしょ せんしゅうねんぶつの こと 5き7どうに おおせて ながく ていし せらる べきの よし せんじつ せんげ せられ そうらい おわんぬ しかるを しょこくに なお その きこえ あり うんぬん せんじの じょうを まもって さた いたす べきの よし じとう しゅごしょとうに おおせ つけらるる べきの むね さんもん うったえ もうし そうろう ごぞんじ あるべく そうろう この むねを もって さた もうさしめ たもう べき よし でんかの ごきしょく そうろう ところなり よって しったつ くだんの ごとし かろく 3ねん 10がつ とうか さんぎのりすけ ありはん むさしのかみどの ようそんりっしゃの じょうに いわく この 11にちに たいしゅうせんぎして いわく ほうねんぼう しょぞうの せんちゃくは ほうぼうの しょ なり てんか これを とどめおく べからず よって ざいざい しょしょの しょじ ならびに その いんばんを だいこうどうに とりあげて 3ぜの ぶつおんを ほうぜんが ために これを しょうしつ せしめ おわんぬ また いわく ほうねんしょうにんの ぼしょ をば かんじんいんの つるめそうに おおせつけて はきゃく せしめ おわんぬ かろく 3ねん 10がつ 15にち りゅうしんほっきょう もうして いわく せんしゅうねんぶつは ぼうこくの ほん たるべき むね ぶんり これ ありと さんもん より うんごじに おくる じょうに いわく じゃしげんくう ぞんしょうの あいだには ながく ざいじょうに しずみ めつごの いまは かつ しこつを はねられ その じゃるい じゅうれん あんらく しを げんやに たまい じょうかく さっしょうは けいを おんるに こうむる ほとんど この げんばつを もって その ごほうを さっすべし うんぬん ああ せほうの ほうを いえば いちょくの ものとなり ていおうの ちょっかんを こうむり いまに ごしゃめんの てんき これなし こころ ある しんか ばんみん だれびとか かの しゅうに おいて ふせくようを のぶべきや ぶっぽうの ほうを いえば しょうほうひぼうの ざいにん たり むけんじごくの ごうるい なり いずれの やからか ねんぶつもんに おいて きょうけいらいはいを いたすべきや こいねがわくば まつだい いまの じょうどしゅう ほとけ ざいせの そし しゃりほつ あなんとうの ごとく じょうどしゅうを なげうって ほけきょうを たもち ぼだいの そかいを とぐべき ものか にちれん かおう. 第一に 八大地獄の 因果を 明さば. 伊東マンショ• せっしょう ちゅうとう じゃいん おんじゅの じゅうざいの うえに もうごとて そらごと せるもの この じごくに おつべし. 或は 財物を あたへて 犯せるもの 此の 中に 堕つべし. もし みごもれば ちち ただされ あらわれぬべき ゆえに. 四十余年の 内に かずへ 入れられたり. 此の 天の 寿 八千歳 なり. 長崎県 - 「中浦ジュリアン記念公園」 原マルティノ 天正遣欧少年使節を題材にした作品 [ ] 小説 [ ]• 使節団によってヨーロッパの人々に日本の存在が知られる様になり、彼らの持ち帰ったグーテンベルク印刷機によって日本語書物の活版印刷が初めて行われキリシタン版と呼ばれる。 問うて 云く 委細に 相貌を しらんと をもう. まず けつじょうしょうの にじょうを ほとけの ようふじょうぶつと とかせ たまいし しょしょの きょうもん ばかりは. とうせいに かみの しちだいじごくの ごうを つくらざる ものをば いまだ みず. 天竺 震旦には 小乗宗の 者 大乗を 破する 事 これ 多し. 人 にん 間 げんが 自 じ 分 ぶんたちを 治 おさめ ようとしてもうまくいかない, 苦 くるしみや 不 ふ 公 こう 正 せいや 悲 ひ 惨 さんな 出 で 来 き 事 ごとが 増 ふえるだけだ,ということが 分 わかったからです。 四十八輕今當略 ぶっごうしょぼさごん にせつじっぱらだいもくしゃきょう しじゅうはっきょうこんとうりゃく 爾時釋迦牟尼佛。 のちの ざんげには この つみ きえがたし. 松田毅一 監訳『十六・七世紀イエズス会日本報告集』同朋舎出版、1987年。 若 爾らば 仏 並に 所化の 衆の 舌 堕落 すべしや. その 頃 ころから19 世 せい 紀 きの 終 おわりごろまで, 地 ち 上 じょうには 組 そ 織 しきされたエホバの 民 たみが 存 そん 在 ざいしませんでした。 市 しの 役 やく 人 にんと 会 あい,スタンレー 劇 げき 場 じょうをエホバの 証 しょう 人 にんの 大 たい 会 かいホールとして 使 つかうつもりであることを 説 せつ 明 めいすると, 問 もん 題 だいが 生 しょうじました。

次の

ながさきけん キッズルーム

けん おうしょう ねん し せつ

是菩薩十波羅提木叉。 でんぎょうだいしは ぜんしみに わたりて もんもん くくに みけんしんじつと たて たまいき. しばらく へて のちに みゆるしを こうむりて ごくを いずれども. 結句 母 並に 仏を がいせんと 疑す. ソ 連 れん 政 せい 府 ふが 早 はやくも1918 年 ねんに 出 だした 通 つう 達 たつにより, 学 がっ 校 こうで 無 む 神 しん 論 ろんが 教 おしえられるようになりました。 いわんや ざいにんの みの やわから なること わたの ごとく なるをや. 「 私 わたしが 来 きたのは, 最 さい 後 ごの 日 ひ 々 びに あなたの 民 たみに 起 おきる 事 こと 柄 がらをあなたに 理 り 解 かいさせるためです」。 聞法生謗 堕於地獄 勝於供養 恒沙仏者 等の 文の ごとし. 得 えられた 満 まん 足 ぞく 感 かんは,ベテルに 来 くる 前 まえに 弁 べん 護 ご 士 しとして 経 けい 験 けんした 達 たっ 成 せい 感 かんをはるかにしのぐものでした。 又 云く「破法の 業 因縁 集るが 故に 無量百千万億歳 大地獄の 中に 堕つ. 不擇畜生乃至 母女姉妹六親行婬無慈悲心者。 この きょうもんの こころは ほけきょうの ぎょうじゃを あっくし. 釈迦如来を 始成正覚と 説き 給しを. ダニエルの 預 よ 言 げんは, 帝 てい 政 せいが 崩 ほう 壊 かいすることだけでなく, 南 みなみの 王 おうとの 戦 たたかいの 結 けっ 果 かについても 予 よ 告 こくしています。 ですから, 残 のこりの 部 ぶ 分 ぶんもその 通 とおりになります。

次の