咲花 温泉 一 水 荘。 『咲花温泉で宿泊しました』by zzz : 一水荘 (いっすいそう)

宿情報:碧水荘

咲花 温泉 一 水 荘

まあ建物は綺麗でこの値段なんだからあんまり文句言えないけどね。 尾白 0• 柄沢 0• 90 ID:w3Zrz1YM0. 馬下橋を渡り左折後、約3分 サービス 送迎バス、ファックス送信可、E-Mail送信可、宅配便\\[特典]\時間外チェックイン可、時間外チェックアウト可 設備 総客室数:14室\\[部屋設備]\テレビ、電話、ファックス、インターネット接続 無線LAN形式 、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー 貸出 、ドライヤー 一部 、電気スタンド、加湿器 貸出 、ヘルスメーター、洗浄機付トイレ 一部 、石鹸 固形 、石鹸 液体 、ボディーソープ、リンスインシャンプー、シャンプー、ハミガキセット、カミソリ、くし、タオル、バスタオル、浴衣、スリッパ、金庫\\[館内設備]\カラオケサロン、宴会場、大浴場、露天風呂、売店、自動販売機 阿賀の川河畔にある高台の小さな和風宿。 清瀬 0• (南魚沼市)• これほどのお湯をじっくり楽しめるなんて大満足である。 補足 ドライヤーは一部の部屋にあり。 これは、体感は出来ますが数値化は出来ないためにお伝えしづらい部分ですが、いろいろな温泉に入っている方からしても咲花温泉のお湯の品質は非常に高い評価を頂いております。

次の

五泉市 温泉旅館 温泉 露天風呂 貸切露天風呂 碧水荘

咲花 温泉 一 水 荘

夕食のお供に五泉市・金鵄盃酒造・越後杜氏を飲みます。 小山田 0• 最初に お風呂のページです。 43 ID:cqaxtkxx0 五泉って、里芋の産地だったんですか。 トリプル美肌効果 美肌に効果のあるお湯の条件とは、 「PH7.5以上」の弱アルカリ性で、なおかつ、 ・炭酸水素塩泉 ・硫黄泉 ・硫酸塩泉 のいずれかの泉質であること。 郷屋川 0• 荻野島 0• net 以前、仕事で1年ばかり新潟にいた時に咲花の「平左エ門」に日帰りで何度も行ったな。

次の

新潟県五泉市の旅館/民宿一覧

咲花 温泉 一 水 荘

おやすみなさい。 ロビーとロビーから見た眺め やがて仲居さんがやってきて、ジブンの重い荷物を持って お部屋を案内してくれました。 階段を上ったり下りたりしつつドンドン不安・・・。 ガラス窓の向こうは例の堤防と阿賀野川。 裸はいいけど脱衣は嫌! ここの屋根掛けの露天風呂は貸し切り制で、5時過ぎしか開いていなかった。 ALLかけ流しと言われてもわからないレベルの放流一部循環濾過でした。

次の

咲花温泉周辺でおすすめのグルメ情報をご紹介!

咲花 温泉 一 水 荘

訪問時の温泉分析書の主な温泉成分は下記でした。 浴室へ入ったとたん、もわっとタマゴ臭キターーー。 pick up 地場の職人が地場の材料を使って手間を惜しまず造った露天風呂を貸切でどうぞ。 153• 色比べ夕方バージョン。 63 ID:b562n97u0. オーベルジュ•。 (新発田市) (旧・湯乃宿こばやし)• でも自分だったら途中で会津の温泉に1泊したいな。

次の

咲花温泉周辺でおすすめのグルメ情報をご紹介!

咲花 温泉 一 水 荘

朝は広間で。 10撮影) 源泉かけ流しで、飲用もできる天然温泉そのものである。 実にお値打ちだ。 ネットの口コミによれば、メシがうまい・エメラルドグリーンの硫黄泉・川が目の前・線路も目の前+駅近・静かな環境・おひとりさまも居心地良好。 夜の闇でお湯の色は真っ黒にしか見えなかったものの、まあエメラルドグリーンでしょう。 大蔵 0• 実際お部屋にあるテーブルからして、民宿そのものだしさ。 上木越 0• 大原 0• 女将の会 加盟旅館にて手形を1,500円で購入すると、3回の入浴が8件どこでも楽しめます。

次の

咲花温泉碧水荘に宿泊

咲花 温泉 一 水 荘

おもてなしは温泉まんじゅう、玉露名人、梅。 窓越しに光の中の阿賀野川を眺めつつ、緑色の程良いお湯に何も考えずに浸かっていれば、ちょっとだけいい奴になってしまう。 豚の焼き物。 熊沢 0• 場所は半地階の食事処の奥。 造りはバイ貝、たこ、鯛、マグロ、甘えびです。

次の

温泉|咲花温泉旅館協同組合

咲花 温泉 一 水 荘

石倉 0• 硫黄泉ですが、成分的に硫酸塩泉と塩化物泉の条件も満足している非常に珍しいバランスが良いお湯です。 1 交 通 「碧水荘」の露天風呂(2004. 吉沢 0• でも咲花温泉の泉質がこんなにいいのはびっくりでした。 今回はこの新潟の奥座敷の1つである温泉地に新潟側からのアクセスだ。 貸切風呂ではお酒を注文して飲むことができるから、そのときに使うんだろう。 古いけどきれいにしてあるので問題なし。 しかし広い2つの浴槽は熱めとぬるめ分かれているのだが、一度熱い方に入ってしまうと、もうぬるめの方にはぬる過ぎてしまって戻れないくらいだ。

次の